HOME > お知らせ・新着情報 > STF通信2014年12月号

お知らせ・新着情報

STF通信2014年12月号

税務・財務
  • STF通信2014年12月号
  • 今月の PICK UP 「税金HOTニュース 」

     

    ■相続税基礎控除の引き下げ

    平成271月より基礎控除が引き下げになります。基礎控除5,000万円+1,000万円×法定相続人の数から、改正後は基礎控除3,000万円+600万円×法定相続人の数と4割減になります。

     

    ■相続税税率構造の見直し

    課税区分が改正前は8段階から改正後は16段階に変更されます。これにより法定相続分に応ずる取得金額が2億円までは増税なしですが、2億円~3億円、6億円超で税率が増加します。

     

    ■相続・贈与税納税義務者の拡大

    平成2541日以降、被相続人・贈与者の住所が国内にあれば、どんな場合でも日本の相続・贈与税が課税されることとなりました。これにより相続人・受贈者が外国移住・外国籍となっても国内課税されることになります。

     

    ■NISA投資枠の拡大

    平成261月よりNISA(少額投資非課税制度)がスタートしました。現在の非課税枠は100万円ですが、28年より120万円(20歳未満は80万円)へ拡大される予定です。

     

    ■繰越欠損金控除縮小

    大企業に80%まで認めている繰越欠損金の控除が、平成28年に65%29年に50%まで縮小される予定です。中小法人(大企業のグループ会社を除く)はこれまで同様、100%控除が認められます。

     

    ■国外財産調書制度

    毎年1231日時点で、5,000万円超の海外預金口座・不動産・株式などの国外財産を保有している場合、所轄税務署への申告が義務化されました。

     

    ■国外送金等の調書提出制度

    100万円以上の国外送金については、金融機関等から税務署へ調書を提出することとなっています。

     

     

    年末調整は手続きはお早めに

    ★ 税務署から平成26年分年末調整の書類が届いています。

    以下の書類を従業員様から回収し、お早めに弊社へお送り頂きますようお願い致します。

     ■ 扶養控除申告書 平成26年分(当年入社、まだ記載がない人)

     ■ 扶養控除申告書 平成27年分(在職中の従業員)

     ■ 保険料控除申告書 平成26年分(控除するものがある人)

     ■ 回収資料(保険料、年金、住宅ローン控除などの各種書類)

     

    イベントのお知らせ 

    ■ 平成27年1月27日:激変!介護報酬改定と新介護保険制度セミナー(会場:ウインクあいち)

    ■ 平成27年3月30日:介護事業経営セミナー(会場:ウインクあいち)

    法人・個人事業に
    関するサービス
    STFが選ばれる理由
    よくあるご相談
    お客様の声
    相続に関するサービス
    相続手続き
    個人に関するサービス
    家計改善サポート
    保険見直し
    教育資金
    住宅ローン
    資産運用
    FP相談はこちらから
    初回相談無料、夜間・土日祝予約可の相続のご相談
    会社概要

    外観

    株式会社STFコンサルティング
    佐治税理士事務所

    法人税決算・申告、会社設立、相続手続き、保険見直し、教育資金、住宅ローン相談、ライフプラン作成

    〒464-0821
    本山名古屋市千種区末盛通5-10
    千種イーストビル4F

    地図

     アクセス

    代表挨拶
    税理士 佐治 英樹

    税理士 佐治 英樹

    私たちはお客様第一主義をモットーに、常にサービス業としての精神を大切にしております。

     プロフィール詳細